美容経営ドットコムでは税理士ミツモトマサミがサロンオーナーのための経営情報を発信しております。
美容経営ドットコム
http://www.biyou-keiei.com/
美容サロン、ヘアサロンオーナー経営者の皆様へ
経営に悩んだら、美容経営ドットコムを是非活用下さい!
サロン店舗
サロン店舗
サロン店舗
サロン店舗
サロン経営全般
サロン経営全般
サロン経営全般
サロン経営全般
税金
サロンのお金
サロンの税金
新しい開業スタイル
スタッフ管理
スタッフのモチベーション
給与制度
コラム
店長のための経営塾  
経営者のための経営塾
店舗を探したい方は

リンク集
サイトマップ
問い合わせ

三本勝己プロフィール

三本税理士事務所
従業員が20人以上位のレベルになると、社会保険加入の問題が深刻になってきます。
最近特に美容サロンではこの社会保険の加入が経営を圧迫することを心配する相談が多くなっています。
実際、社会保険の調査は厳しくなっていますし、若いスタッフの親御さんからはサロンの姿勢を確認したいなどのご意向が出てきております。
また、社会保険加入が出来ていないと、求人が美容学校から出来なくなるなど様々な点で社会保険に関して深刻に向き合わなければならない状況になっております。
私自身としましては、時代背景として社会保険加入が義務づけられているのにそれを無視し続けるのは難しいと考えております。
しかしながら、現実的には人件費を15%程度増加させることになるので、ある調査によれば結果的に美容サロンは全従業員数で売上を割って月間一人あたりの売上が60万円を切ると社会保険加入は財務的に不可能だと算出しているようです。
では、社会保険の加入をどのように対処すべきなのでしょうか?


1. 社会保険に入れるための経営的基盤を確保する 売上の増加など強化する必要がある
2. 雇用形態の見直しにより一部社員に導入する
3. 全員加入出来るようにする


このプロセスをもう少し知りたい方は有料マニュアルを購入下さい。

勘違いなきようお願いしたいのですが、私は会社経営をする人の義務として法律を守っていくべきだと思っております。
しかしながら、美容サロンは長い間徒弟制度のような慣習があり、急に社会保険加入をすることを強制されても体制が出来ていないのです。
ですから、社会保険加入までの時間を少しでも合法的に引き延ばして財務を健全化する知恵をお伝えすることは出来ますが、最終的には社会保険加入が出来ないサロンは淘汰されていくと思っているのは事実です。